放課後等デイサービス スポーツひろばプレイスとはどんな施設?
放課後等デイサービス スポーツひろばプレイスとはどんな施設?
スポーツひろばプレイスとは、厚生労働省が指定した放課後等デイサービスになります。 小学生〜高校生の受給者証を取得した方が通うことのできる療育施設で、 コミュニケーション能力や社会性を身につけるための集団療育を行い、 コーディネーション運動をメインとした運動療育プログラムが充実しております。

なぜ、子どもに運動が必要なのか?

スポーツひろばプレイスのレッスン内容

  • 感覚統合を整えるための粗大運動
  • 複数の筋力・関節を同時に、あるいは協調的に動かす神経系のトレーニング
  • 運動を支える基礎感覚づくり
  • 視覚認知の基盤としての「眼球運動」
  • 詳しいレッスン内容はこちらから

「放課後の一人の時間を持て余している」「運動が苦手」
「カラダを動かす場所がない」「カラダを動かす機会がない」
「コミュニケーションが苦手(友達が出来ない)」
「集団活動が苦手」「字がうまく書けない」
「漢字が覚えられない」「表が読めない」
「列をそろえられない(並ぶのが苦手)」「長時間座っていられない」
「力加減ができない(強くたたく、止められない)」
「お手伝いができるようにしてほしい」
「自分に自信がない」「自分が嫌い(自己肯定感が低い)」

まずは授業を見学or体験してください。

運営責任者 森田博文


森田 博文

【スポーツ歴】
小学校 3年生でサッカーを始める。
中学校 八王子市大会優勝 大会最優秀選手受賞
東京都大会ベスト16 大会優秀選手受賞
高校 八王子高校に進学(サッカー部)
東京都ベスト16
大学 国士舘大学 体育学部体育学科
アメリカンフットボール部に入部
関東オールスターに選出
社会人 日本社会人アメリカンフットボーリーグ(Xリーグ)
学生援護会ロックブル(2003~2007)に所属
明治安田パイレーツ(2009~2011)に所属

【教育歴】
NPO法人 特別支援学校に勤務(2007~2012)
小学生~大学生までの障害児の学習を指導
40人の集団授業を行う。

【教師修行】
向山洋一氏を中心とした日本最大の教育研究団体TOSSで教師修業を積み重ね、自分の教育思想の柱として、日頃の指導にあたっている。 TOSSのセミナーの講師も務めた経験もあり、さまざまな障害児の子の成功事例を発表している。
特に運動の苦手な子に対しての指導に力を入れており、現在も全国多くに教師たちと連携を取り、子供への指導の研究をし続けている。

お知らせ

各教室お問い合わせ

ページトップへ